今気になる!テラスハウスの特徴やメリット・デメリットについて


テラスハウスの特徴について

近年よく耳にする「テラスハウス」の賃貸物件は、古くからある「長屋」と同じ形態の建物です。長屋というと昔ながらの瓦屋根の和風建築をイメージしますが、テラスハウスと呼ばれる物件はスタイリッシュでデザイン性の高いものが多く、若い世代を中心に人気を集めています。また、長屋は1階建てのものが多くありましたが、テラスハウスは2階建てのものがほとんどで、建物同士は繋がっているものの、戸建て感覚で暮らせるのが特徴です。

テラスハウスのメリットとは?

マンションやアパートなどの集合住宅と違い、テラスハウスの場合はポストの場所や庭、テラスなどが独立してあるためプライベートな空間で暮らすことができるのがメリットです。特に専用庭はガーデニングや家庭菜園を楽しみたい人にとっては大きなメリットです。また、家族間でも、1階と2階でほどよい距離を保ちながら生活できるので、自分の時間をゆったりと楽しむことができるでしょう。さらに、駐車場も玄関先や敷地内に備えていることが多いため、車での通勤やお買い物もスムーズで非常に便利です。

テラスハウスのデメリットとは?

戸建て感覚で暮らせるとはいうものの、隣家とは壁同士がくっついていることもあり、騒音問題が全く無いわけではありません。階段同士が隣り合っていれば上り下りの音が気になったり、話し声、物を落とす音などが聞こえる可能性もあります。特に小さな子供がいる家庭なら、より隣人への配慮が大切になります。防音のカーペットを敷いたり、テレビやおもちゃの音に気をつけるなど、集合住宅と同じように気を配る必要があるでしょう。

千歳市はJR千歳線を中心に住宅地があります。企業の工場が多く大学・専門学校もあるので、千歳の賃貸は単身者用からファミリー向けまで幅広く揃っています。