土地探しに悩んでいるなら読んでみて!土地選びのポイントから購入手順まで


土地探しの方法とは?

不動産会社のホームページや不動産情報サイトを利用すれば、希望する条件を入力するだけで簡単に土地を探すことができます。また不動産会社やハウスメーカー、工務店に相談してみるのも良いでしょう。ネットでは検索されない土地の情報を持っている可能性があります。

土地選びのポイントとは?

エリアによって用途が決められており、建設可能な建物の種類や規模が制限されています。建ぺい率や容積率にも規定があるため、用途地域の確認が必要です。また地盤が弱ければ改良工事費用が別途必要になりますし、災害時の被害リスクも高くなりますから、地盤が強い土地を選ぶのがポイントです。さらに「接道義務」といって、建築物の敷地は道路に2メートル以上接しなければならない規定がありますから、土地の形状には注意が必要です。道路より低い土地は日当たりが悪く雨水が入りやすくなりますから、土地の高低差にも気をつけましょう。

土地の選び方と注意点とは?

どのような土地に住みたいかは、ライフスタイルや家族構成、価値観などによって異なります。さまざまな条件の中から優先順位を決めて選びましょう。一般的には、交通アクセスや生活の利便性がよく、建築しやすい正方形か長方形の土地を選ぶとよいでしょう。隣人とのトラブルを回避するために、境界標があるかどうかを確認しておくことも重要です。

土地購入の手順とは?

土地の購入を決めたら、土地の売り主に買付証明書を提出します。買付証明書には法的効力はありません。あくまで購入の意思を伝えるものです。売買契約の前に、宅地建物取引主任者の資格所持者による「重要事項説明書」の交付と説明があります。その後、土地売買契約を締結します。

長期的に居住や利用をするのならば、土地探しは慎重に行わなければなりません。不動産会社に相談したり、実際に足を運んで雰囲気を確かめることも大切です。