快適に暮らすために重視したい注文住宅の収納とは?


使いやすい収納で生活を快適に!

収納は快適な生活に欠かせませんから、注文住宅を建てる時には重視しておきたいポイントです。ですが、ただ収納が広くて多ければいいというものではなく、使い勝手が重要なので、どの場所にどの程度のものを収納したいのか計画して作ることが大切になります。よく使うものは取り出しやすく、あまり使わないものでも奥に入れて忘れてしまうことが無い、そんな収納が理想です。収納を重視して部屋が圧迫されてはいけませんから、階段下などデッドスペースの有効活用もおすすめです。

失敗しない収納の作り方

収納スペースを考えるときには、まず入れたいものとサイズを合わせる事が必要です。家ができて、いざ荷物を入れようとしたら収まりきらないというのはとても困りますし、実際に多い失敗です。また、奥行きがありすぎる収納は使い勝手が悪く感じやすいので、取り出しやすいように壁面積で収納を考えると使いやすくなります。生活動線を考えた収納も使い勝手が良く、玄関横で靴を履いたまま使えるシューズクロークや、多くのものをストックしておけるキッチンのパントリーなどは便利な存在です。

将来のことも考えた収納

現在の生活を考えた収納も良いものですが、その家に長く住むのなら将来を考えた収納を作ることも大切です。例えば大きなスペースを確保できるロフトは便利ですが、はしごなどで上る場所なので移動が面倒という欠点がありますし、年を取ると移動が不便で怪我をする恐れもあるなど注意が必要なものです。また、荷物は生活していくほど増えるものですし、特に子供がいる場合は成長によって荷物も服も増えるので、将来を見据えたスペースを作っておきましょう。

福岡の注文住宅会社の中には、一般的な建築会社ではなかなかできない最新の土地情報をメールで優先的に届ける工務店があります。土地の仕入れが得意な不動産から入手した情報なので、大変助かると好評です。